Hero image

ガブキン道場とは

自治体でもDXや業務改善の話題をよく聞くようになりましたが、DX・業務改善と一言にいっても「実際何から手を付ければいいのかわからない」というご意見を伺います。ガブキン道場はそんな自治体職員の方々に、サイボウズのクラウドサービス「kintone(キントーン)」を活用したDX・業務改善力を身につけていただくセミナーです。

業務を変えるためのマインド・スキルづくりから始まり、 素早くプロトタイプを作り、少しずつ業務に実装していく体験、 さらには同じ思いでデジタル化に取り組む仲間づくりの場を提供します。 ガブキン道場で、スキル習得から成功体験までご一緒いたします。

こんな自治体職員の方におすすめです!

  • kintoneでDXの第一歩を踏み出したい自治体職員の方
  • kintoneによる業務改善力を高めたい自治体職員の方
  • 自治体DXに取り組む仲間づくりをしたい自治体職員の方

※同一の自治体につき5名様までのお申込みとさせていただきます。予めご了承ください。
※kintoneを未導入の自治体職員様も大歓迎です!

全9回のガブキン道場プログラムで、業務改善スキルが身に付く!


kintoneアプリが作れるようになる
D&D

kintoneを用いて業務で使えるアプリを作成ができるようになります。サイボウズがアドバイザーとして伴走支援するので安心です!

業務改善スキルが身に付く

業務を変えるためのマインド・スキルづくりから始まり、 素早くプロトタイプを作り、少しずつ業務に実装していく体験ができます。

仲間と繋がれる

kintoneで改善に取り組む自治体同士で意見交換できる場を提供。 業務に実装する上での壁の乗り越え方や学びを共有しましょう。

セミナー概要 セミナー時間
第1回 kintone 基礎編
  • kintoneについて知ろう!
  • kintoneでなにができるのか
  • kintoneをさわってみよう
  • 連携サービス/プラグインについて
9:00〜17:00
第2回 ケーススタディ編 電話対応記録を共有でいるアプリを作ってみよう 10:00〜12:00
第3回 ケーススタディ編 庁内の各部署に照会をまけるアプリを作ってみよう 10:00〜12:00
第4回 ケーススタディ編 市民向けにアンケートをとれるアプリを作ってみよう 10:00〜12:00
第5回 ケーススタディ編 避難所情報をリアルタイムで公開できるアプリを作ってみよう 10:00〜12:00
第6回 ケーススタディ編
会計年度任用職員の採用を管理できるアプリを作ってみよう 10:00〜12:00
第7回 ケーススタディ編 市民からのオンライン申請に対応できるアプリを作ってみよう 10:00〜12:00
第8回 業務改善編

  • 業務改善の進め方
  • kintoneで業務アプリ作成
  • 講師陣のフィードバックを踏まえたアプリ改修

10:00〜12:00
第9回 業務改善編

  • 作成したアプリを発表
  • 成果物発表会

10:00〜12:00

開催概要・日時

開催日時 8 月 17 日(火)から順次開催します。詳しくは下記カレンダーをご確認ください。
会場 セミナーはビデオ会議ツールZoom(ズーム)で受講いただきます。

お申し込みいただきました後、開催日前に事務局より視聴用URLをメールにてお伝えいたします。

参加条件 自治体の職員であること

※kintoneを未導入の自治体職員様も大歓迎です!

募集人数 30 名

※定員を超える申し込みがあった場合、抽選となります。

参加費 無料
申し込み期限 8 月 13 日(金)
主催 サイボウズ株式会社 営業本部 営業戦略部 公共G


*講座内容は都合により変更になる場合がありますので予めご了承下さい。

ガブキン-GovTech kintone Community-でアーカイブ配信を行います。

ガブキン道場にリアルタイムで参加できなかった方向けに、自治体職員のためのkintoneユーザーコミュニティ「ガブキン」でアーカイブ配信を行います。

お問い合わせ先

サイボウズ株式会社 営業本部 営業戦略部 公共G 
cy-public@cybozu.co.jp

キントーン

自治体の非効率を変えるキントーン特設サイト ◯運営会社


運営会社記載された商品名、各製品名は各社の登録商標または商標です。© Cybozu, Inc. 2020